【2018年】ゲーム用におすすめのコスパ最強タブレット5選比較まとめ!

おすすめ記事▼ 【9月更新】絶対にプレイするべき!管理人おすすめスマホゲーム15選まとめ

【9月更新】可愛い女の子キャラがたくさん登場するスマホゲーム15選まとめ

【2018年】ゲーム用におすすめのコスパ最強タブレット5選まとめ

f:id:kinitanaka:20180905202949j:plain

 

 

このページでは、スマホゲームをするのにおすすめな、コストパフォーマンス最強のおすすめタブレットを紹介しています。

 

タブレットは画面サイズが大きいので、スマホゲームを快適に遊ぶことができます。特にリズムゲームなどを遊ぶ人なら、世界が変わるレベルでプレイが捗ります。

 

今回は安さと性能のバランスが良いタブレットを厳選してまとめてみましたので、まだ持っていない人は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

iOSとAndroidはどちらが良いの?

タブレットでゲームをする場合、まずOSをAndroidiOSのどちらかに決める必要があります。

 

どちらのOSにも利点・欠点はあるのですが、一言でいうとiOSは初心者向け、Androidは上級者向けといった感じです。iOSは機種が少なく、ゲームメーカー的にも動作テストがしやすいといった側面もあります。その反面価格は高めになっています。

 

以上のことから、少しでも価格を抑えたい人はAndroid、安定してゲームをプレイしたいならiPadを購入するのがおすすめです。

 

iOS(iPad)の特徴

  • ゲームやアプリが安定して動作する
  • 基本的に操作がわかりやすい
  • 価格がやや高い

 

Androidの特徴

  • カスタマイズ性が高い
  • 機種によってはアプリの動作が不安定
  • 価格は安いものから高いものまである

 

iPad 9.7(2018年春モデル)

f:id:kinitanaka:20180906190537j:plain

 

  • iOS
  • 9.7インチ
  • 2GBメモリ
  • 32GBストレージ~

 

iOSのタブレットを購入する場合は、2018年春モデルのiPad 第6世代が一番おすすめです。

 

iOSの大きなメリットである動作の安定性・液晶の綺麗さ・直感的な操作性を持ちながら、値段も4万円以下という(iOSにしては)かなりリーズナブルな価格設定になっています。

 

さらに2018年春モデルはApple Pencil(タッチペンにより精細な絵や文字を描ける)にも対応しているので、ほぼ欠点の無い端末になりました。

 

筆者も所持していますが、ほぼ全てのゲームを不具合無く遊べています。タブレット入門用としては間違いなくおすすめの一つと言えるでしょう

 

 

iPad Pro 10.5

f:id:kinitanaka:20180906191420j:plain

 

  • iOS
  • 10.5インチ~
  • 4GBメモリ
  • 64GBストレージ~

 

無印iPadの上位バージョンとも言えるのがこのiPad Proです。

 

iPadをも越える圧倒的なハイスペック・美しい液晶を持っているので、これさえあれば完全にストレスの無いタブレット生活が送れることでしょう。

 

スマホゲームで言うなら「デレステ」の3Dリッチを超高画質で鑑賞することができます。無印iPadで3Dリッチをプレイした場合は多少カクつきがありますので、この点は大きなメリットと言えるでしょう。

 

ハイクオリティなスマホゲームはもちろん、動画編集やお絵描きもサクサクこなせるので、タブレットを「ガチ」で使う人ならiPad Proをおすすめします。

 

 

Huawei MediaPad M3 Lite 10

f:id:kinitanaka:20180906203342j:plain

 

  • Android
  • 8インチ or 10.1インチ
  • 3GBメモリ
  • 32GBストレージ~

 

MediaPad M3 Lite 10」は、価格と性能のバランスが良いAndroidタブレットです。価格は3万円程度とFire HDやdtabに比べると高めですが、その分3GBメモリ、1920×1200の解像度と全体的なスペックが高めになっています。

 

ストレージも最低32GBあるので、ゲームを沢山インストールすることができます。Androidタブレットで安定した動作でゲームがしたいなら、このタブレットをおすすめします。

 

画面サイズは8インチと10インチがあるので、お好きな方をどうぞ。

 

 

Fire HD 10 タブレット

f:id:kinitanaka:20180906192209j:plain

  • Fire OS(Androidの独自版)
  • 10.1インチ
  • 2GBメモリ
  • 32GBストレージ~

 

動作の安定性・スペックはそれなりでも良いから、とにかく安いタブレットが欲しい!という人には「Fire HD 10」がおすすめです。

 

1万円代という超お買い得価格な上に、メモリ2GB、ストレージ32GBとスペックもそこそこ。ガチガチのハイスペックゲーム以外ならサクサク遊ぶことができます。

 

デレステの場合は2Dのライブモードや、3D通常のMV鑑賞を楽しむことができます。この価格で3DのMV鑑賞が楽しめるのは破格と言っても過言ではありません。

 

注意点としては、Google Playストアが最初からインストールされていないというデメリットがあります。ほんの少しの知識があればGoogle Playを自分で導入できるのですが、「スマホやタブレットは全くわからない!」という人にはやや厳しいかもしれません。

 

※Google Play導入や遊べるゲームの参考記事

tanage.hatenablog.jp

 

 

以上のことから考えると、スマホの扱いに慣れている中級者向けのタブレットと言えます。

 

 

dtab d-01j

f:id:kinitanaka:20180906193451j:plain

 

  • Android
  • 8.4インチ
  • 3GBメモリ
  • 16GBストレージ

 

Fire HD 10と同じような価格で買うことができるタブレット「d-01j」。dtabの名前の通りドコモから発売されたタブレットですが、ドコモと契約しなくても使うことができます。

 

こちらも価格の割にはメモリ3GBとスペックがかなり良く、画面解像度も2560x1600なのでiPad並に綺麗です。その他にも指紋認証があったりと機能面でも充実しています。

 

スペックだけ見るとハイクオリティなゲームもプレイできる超コスパ端末なのですが、唯一の欠点はストレージが16GBと少ないこと(Fire HDや無印iPadは32GB~)。

 

そのため色々なゲームをインストールしたい!という人にはあまり向いていないタブレットです。反面3~4つ程度のスマホゲームを快適に遊びたい!という人にはかなりおすすめできます

 

 

結局どれがおすすめなのか

 

上記5種類は大体こんな感じの特徴があります。どの機種も長所があるので、自分に合ったタブレットを選んでみて下さい。