RX480・Core i5 6500でPUBGは動くのか?【グラボ・CPU考察】

おすすめ記事▼ 【6月更新】ジャンル別、名作スマホゲームアプリ30選まとめ

【6月更新】とりあえずこれやっとけ!管理人厳選のスマホゲーム10選

f:id:kinitanaka:20180203105033j:plain

 

 

世界中で流行っている「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)」。

 

斬新で凄く面白いゲームなんですが、広大なマップを100人で対戦するので、PCの要求スペックが高いのが少し難点です。

 

今回は【CPU:Core i5】【グラフィックボード:RX480】でPUBGが快適に遊べるのか、私が使っているゲーミングPCで試してみました。参考にしてみてください。

 

 

管理人のPCスペック

  • CPU:Core i5 6500
  • グラボ: RX480 8G
  • メモリ:16GB
  • SSD:240GB

 

私が使っているPCは大体こんな感じです。BTOで10万円ほどで購入しました。

 

PUBGを遊ぶならメモリは16G以上でSSDを使用したほうがベターだと思います。

 

PUBGの設定

  • ディスプレイモード:フルスクリーン
  • 解像度1920*1080
  • 全体クオリティ:低い~非常に低い
  • 画面スケール:80

 

このような設定でプレイしています。FPSやフレームレートを出すためにかなり設定を落としているので、やろうと思えばもう少しクオリティは上げられると思います。

 

CPU使用率は60%~80%くらいと結構食いますが、FPSも常時60以上出ていますし、カクつきもほとんどありません。下記の動画も参考にしてみてください。

 

 

おすすめのBTOパソコン

安くゲーミングPCを買うならパソコン工房がおすすめです。

 

GTX1060等の高性能グラボを搭載したPCでも10万円前後で購入できます。ちゃんとPUBGが動くゲーミングPCを購入して、楽しいドン勝ライフを送りましょう!

 

パソコン(PC)通販のパソコン工房【公式】