【ガチレビュー】23/7をプレイした感想評価。センスを感じる厨ニ系RPG【トゥエンティースリーセブン】

おすすめ記事▼ 【随時更新】絶対にプレイするべき!管理人おすすめスマホゲーム15選まとめ

【随時更新】可愛い女の子キャラがたくさん登場するスマホゲーム15選まとめ

f:id:kinitanaka:20180315103119j:plain

 

 

新作スマホアプリ「23/7 トゥエンティースリーセブン」の感想や評価などを書いていきます。

 

サービス開始前から不具合でゴタゴタしていましたが、ゲーム自体の出来はどうなのでしょうか。

 

プレイする際の参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

23/7 トゥエンティ スリー セブン
23/7 トゥエンティ スリー セブン
開発元:FUJISHOJI CO.,LTD.
posted withアプリーチ

23/7とは?

バトルは無敵状態から始まる!
77秒の無敵時間を駆使してクエストを突破しろ!

 

バトル中はフリック操作でモードを切り替えろ!
アクセルモードは自分達だけが倍速になれるぞ!

 

クエストマップはルートを自由に選択できる
進むルートによっては報酬が変化することも!

 

協力戦(マルチプレイ)は戦闘に参加していない
プレイヤー達からのエールが鍵!
仲間のエールを力に変えて強力な敵を撃破しろ!

 

ストーリーパートはライトノベル方式
専用ビューワーを使ってじっくり読める

(アプリストアより引用)

 

開発元の藤商事はパチンコメーカーとしてもおなじみの企業ですね。

プレイした感想

独特なバトルシステム

f:id:kinitanaka:20180315104358j:plain

 

23/7の大きな特徴の一つであるバトルシステム。戦闘は基本的にはオートで進行しますが、画面をフリックすることによって3種類の戦闘モードに切り替えることができます。

 

  • 速攻で通常攻撃を出し続けるアクセルモード
  • 防御を重視してダメージを減らすシールドモード
  • バレットゲージを充填するチャージモード

 

これらのモードを臨機応変に切り替えて敵と戦います。このシステムはなかなか斬新で面白いです。序盤の敵はかなり弱いのでゴリ押しでも何とかなってしまうのが残念ですが、高難易度のバトルだとやり応えがありそうです。

 

また、主人公はクエスト開始から77秒間は無敵状態になるというチート染みた能力を持っています。クエストは複数のマップに別れていて、77秒を過ぎると無敵状態は解除されてしまうので、どのルートを通るのか、いかに早く敵を倒していくかという戦略も重要になりそうです。

 

スタイリッシュな演出

f:id:kinitanaka:20180315111635j:plain

 

 

全体的にオシャレでスタイリッシュな印象を受けました。特にガチャをする時に流れるムービーが無駄にかっこいい。ガチャ演出だけでも一度見てほしいくらいです。他にもオープニングムービーや戦闘中の必殺技「バレットタイム」などセンスある演出が盛り沢山です。

 

ゲーム内で本格的な小説が読める

クエストを進めていくと、ゲーム内で小説を読むことができます。これが結構本格的で、普通のライトノベルのような感覚で読むことができます。合間合間に戦闘が入ってこないので、ストーリーをじっくり読みたい人にも満足できる仕様だと思います。

 

ゲームシステム自体は普通

クエスト周回にスタミナを消費するシステムや、限界突破やレベルアップなどの育成要素は普通のスマホゲームといった感じ。ありがちと言えばありがちですが、スマホゲームに慣れた人ならすんなりと理解できそうなのは○。

 

運営が不安

サービス開始日が延期したり、サービス開始直後からずっとサーバーが重かったりと、運営の杜撰さが目立ちます。運営会社がスマホゲームメインの会社では無いので仕方ないところもありますが、もう少し快適にプレイさせて欲しいですね。

 

23/7はこんな人におすすめ!

  • 新鮮な戦闘を楽しみたい
  • ストーリーが作り込まれたゲームがしたい
  • オシャレなゲームがしたい

 

無敵状態になれたり時間を止めることができる独特の戦闘や、ゲーム内で読むことができる小説など、チャレンジ精神を感じるスマホゲーム。

 

運営の不手際など若干の不安要素はありますが、戦闘重視派からストーリー重視派まで幅広いプレイヤーが楽しめそうなゲームなので、未プレイの人は是非一度プレイしてみてはどうでしょうか。

 

23/7 トゥエンティ スリー セブン
23/7 トゥエンティ スリー セブン
開発元:FUJISHOJI CO.,LTD.
posted withアプリーチ

こちらもどうぞ

tanage.hatenablog.jp