【2018】Steamセール 1000円以内で買えるおすすめ大作ゲーム10選!【日本語】

おすすめ記事▼ 【ゲーマー必見】管理人がマジでおすすめするスマホゲーム10選まとめ!

f:id:kinitanaka:20180213202446j:plain

 

 

Steamといえば、年に何回か開催されるセールが特徴ですよね。夏や冬に行われる大規模なセールになると、ゲームソフトによっては70~80%以上割引されるものもあります。名作ソフトやAAA級ソフトでも1000円以内で買うことができるので、非常にお買い得です。

 

そんなわけで今回はSteamセールで1000円以内で買える大作ゲームを紹介します。今回は標準で日本語に対応しているものか、日本語化パッチが使えるものに絞りました。Steamセールが開催されたら、色んなゲームを買っておきましょう!

 

※平常時やセールによっては1000円以下で無い可能性がありますので、購入時には良く値段を確認して下さい。

 

Batman Arkham Origins(バットマン アーカムオリジンズ)

 

世界中で大人気のバットマンを題材にしたオープンワールドアクションゲーム。ボタンを適当に押すだけでバットマンがコンボ攻撃を繰り出すので操作しているだけで楽しい。ガジェットを使って街中を飛び回ったり、ハッキングしたりと色々なことができる。ストーリーも濃密で面白い。

 

BioShock Infinite(バイオショックインフィニット)

 

1900年代前半のコロンビアを舞台としたFPSゲーム。FPSとしての面白さはもちろん、華やかな見た目とは裏腹に差別や宗教、労働といったエグいテーマが満載のストーリーも見どころ。基本的に味方CPUが一緒に行動してくれるので怖がりの人でも安心。

 

Borderlands 2(ボーダーランズ2)

 

荒廃した世界を舞台としたFPSRPG。様々な能力の付いた武器を集めていくハックアンドスラッシュ要素や、ポイントでキャラクターを強化していく育成要素など長くやりこむことができるゲーム。日本語翻訳もぶっ飛んでいて面白い。

 

DmC: Devil May Cry

 

 

家庭用でもおなじみの「デビルメイクライシリーズ」の5作品目。スタイリッシュアクションというジャンルの通り、ド派手でスタイリッシュなアクションが特徴。多種多様な武器やアクションで連続コンボを叩き込んだ時の爽快感が最高。

 

Far Cry 3(ファークライ3)

 

無法地帯の孤島で海賊を相手に立ち向かうオープンワールドFPS。銃の撃ち合いだけでなく爆弾や弓矢など様々な武器を使うことができたり、ステルスキルができたりと自由度がかなり高い。GTAのようなゲームが好きな人におすすめ。

 

 

Civilization® V(シヴィライゼーション5)

 

国の支配者となって自国を発展させていくシミュレーションゲーム。ハマる人はとことんハマってしまう中毒性の高いゲームで、何度プレイしても飽きない。「信長の野望」のようなシミュレーションゲームが好きな人にはかなりおすすめできるゲーム。

 

Trials 2 : Second Edition

 

Deus Ex : Human Revolution

]

 

The Walking Dead(ウォーキング・デッド)

 

Cities : Skylines

 

こちらもどうぞ

tanage.hatenablog.jp

 

tanage.hatenablog.jp